人に見てもらえるサイトにするには

Webサイトには、企業の商品販売から個人的な趣味のものまでさまざまな種類があります。しかしどのようなサイトであっても、「人に見て欲しい」という点は同じなのではないでしょうか。 どうしたら人に見てもらえるサイトになるかは、自分がネットサーフィンする時のことを想像してみればわかります。知りたい情報を検索してどこかのページにたどり着いたとき、そこが何のためのサイトなのかがわからなかったらどうでしょう。すぐにそのページを見るのをやめて、また別のページを検索しますよね。 反対にそのサイトの目的がわかりやすければ、どんな内容のページがあるのかも想像がつきやすくなります。自分の知りたい情報が載っていそうだと思ったら、サイト内のいろいろなページを見て回りたいと思うでしょう。人に見てもらえるサイトを作るには、それが何のためのサイトなのかを明確にすることが大切です。

サイトの目的を的確に伝えるには

サイトの目的は、自分にとっての本当の目的と同じとは限りません。例えば、アフィリエイトで広告収入を得ることが目的だったとしたらどうでしょうか。そのこと自体をサイトを訪れる人に伝えても仕方がありませんね。それよりも「このサイトの目的は◯◯の情報を発信することです」のような説明をする方が適切でしょう。このように、サイトの目的は見てくれる人の視点で考えることがポイントです。 目的が明確になったら、サイトを訪れた人にそれを伝えるためにどうすれば良いのかを、できる限り具体的に考えましょう。もっとも基本的な方法は、トップページの冒頭部分に説明を入れることです。ほかに良くある方法としては、全てのページに「このサイトについて」のようなリンクをつけるというのもあります。 サイトの目的をわかりやすく伝えて、できるだけたくさんのページを見てもらえるようにしましょう。

ホームページ制作会社は、専門スキルを持つデザイナーが在籍しているため、集客力アップやセキュリティ対策、コンテンツの充実など様々な面にこだわることができます。